project真夏の太陽ガールズ

お陰様で東京公演が無事終了致しました!

小さな劇場での公演でしたが、様々な方に喜んでいただき
プロジェクトメンバー一同大きな勇気をもらいました。
以下、演出オカモトによるコメントつき舞台写真です!

まずは選抜メンバー!の勇姿ですw
センターにいるのが東京公演さとみ役のチームブルー藤井愛希子。
ごめん、藤井。他にいいのがなかった。
(現代のシーンなので、みんな本編の役とは違う人物を演じています。なのでこの表情・・なのか)

 

大阪公演から引き続き観てくれたお客様は、役者と近くてHEPより迫力を感じたと言ってくれました。
特に冒頭、陽子vs水原!
東京公演の水原コーチは諸事情によりチームブルー真奈美役の森下りおが急遽キャスティングされました。
短い稽古期間の中、とても頑張ってくれました。

 

東京公演の鈴村陽子役はチームブルーの原田有里。
歴代陽子役の中で最もパワフルな陽子を演じてくれたと思ってます。

 

実はこの劇場、役者の出はけ口は後方の2つだけ!なのでいろいろと工夫を凝らしてやってます。
葵役はチームアクアの古場町茉美です。
ちなみにこの東京の舞台写真はいつものスーパーカメラマン堀川さんではなく素人が撮ってますので全体にピンぼけでお送りしています。

 

真奈美役はチームアクアの西村こころでした。歴代最年少?での孤高のエース・真奈美役。
三ヶ月前に撮影した田舎娘なメンバー紹介写真とは、全然顔が変わったと評判です。
チームアクア鬼コーチ和泉敬子さんも「女優になったのね」と言ってくれてました。
この写真は遠い目してるので、あんまりわからないか。。。

 

HEPに比べるとかなり狭いですが、全員で泳ぐシーンも完全再現。

 

公演東京限定の謎の猿椅子に座るボス猿です。正体はチームブルー花野紗南。

 

このシーンもお客に超近いですw

 

アクアブルー混成メンバーによる海猿軍団、渾身のガ・キーン!
場当たり中、この辺りの狂おしくもバカバカしいシーンの連続で、東京の照明さんが「わー!楽しいー!」と叫びました。
オペ的には超忙しい場面なんですが、まずはスタッフさんに喜んでもらえてわざわざ大阪から来た甲斐があったというものです。

 

私、演出オカモトが「いじめっ子チーム」と呼んでいる3人。
左より礼音と吉田と小暮=笠松遥未(AB)、原田有里(B)、木本実玖(A)。
吉田と小暮というコンビ役のやってることがアクアとブルーではちょこちょこ違うので、すり合わせにやや苦労したかもしれません。

 

葵と補欠三人組を結成する堂島ちゃんと金村素子は、チームブルーの大屋穂波、乾祐子。
東京での6回の公演のうち、堂島ちゃんの中2な挙動不審はだんだん進化していきます。
そして最終的にはお客の理解できる範囲の二歩先から帰って来れなくなる罠にはまりましたw

 

月山コーチはさっきのボス猿です。
実は彼女らキャストはこの劇場の真上にある広い稽古場で寝泊まりさせてもらってました。
貸し布団を用意してもらったとはいえ寝泊まりする用の環境ではないので、いろいろ大変だったらしく。
コーチとボス猿は最終二回ほどかなりハスキーボイスになっていました。。。

 

いかにも小劇場・・・!な空間だからこそ生まれる熱気と臨場感が東京公演の最大の魅力でした。

 

とはいえ天井の低さによる照明の当たり具合からどうしてもフォーメーションを崩さなければならないシーンもありました。
このような微調整の連続で、場当たりに8時間かかりました。HEPでの場当たりの倍ですね。

 

礼音役の笠松遥未は大阪公演でも急病の岡田玲奈の代役を務めたので、
大阪東京で通算16ステージを村井礼音として駆け抜けました。
頑張った。偉い。

 

9月2日に終わった大阪公演のお客様のアンケートをもとに選抜されたチームなので、
実は3日くらいしか合わせて稽古してません。
でも同じ真夏の太陽ガールズとして頑張った三ヶ月があったせいか、
周りが心配するほどチームが団結するのに時間はかかりませんでした。

 

東京バージョンでしか観られない、若い水原が思い出の中の真奈美に語りかけるシーン。
大阪公演ではこの二人はアクアとブルーの真奈美なので、会場で僕だけが妙に混乱するシーンです。
「ん?水原って真奈美だったっけ?あれ?じゃああの葵ってやつは誰なんだ?」みたいなw

 

京都育水会シンクロチームによる渾身の変顔です。
・・・使ったらまずかったですか・・・?

 

以上、とりあえず東京公演のご報告でした。

まだ決定ではありませんが大阪公演記録DVDに東京公演のダイジェスト映像がオマケでつくかも知れません。
画質はそれほどよくないですが、よろしければ楽しみにしておいてください。

 

大阪公演のチームアクア・ブルー含めまして
彼女たちのキラメキを観てくださった皆様、本当にありがとうございました!
これで2018年の公演はすべて終了です。

もしも、どこか自治体で地方公演として呼んでいただけるなら
真夏の太陽ガールズ2017、2018からメンバー再招集しまして対応致しますので、是非ご連絡下さいw

ご来場、ありがとうございました!!!

 

ページ上部へ戻る